迅速対応と先手を打つために

顧問弁護士の役割を一言でいうと、「企業の法律面の不安を解消し、経営者が経営に集中できるように支援すること」です。以下代表的なメリット、つまり必要性について、いくつか事例を挙げて説明します。

トラブルへの迅速な対応のために必要です。企業経営にとってスピードが命。これは法律面のトラブルでも同じです。取引先が支払いを遅延したら倒産が近いサインです。自社商品の不具合への迅速な対応は企業の命運を左右します。こういうとき顧問弁護士がいないと初動が大幅に遅れます。弁護士会に相談してもすぐには対応できません。今すぐ相談したくても無理なのです。

いつでも気軽に相談できることも大切です。トラブルを未然に防ぐために先回りで手を打つうえで、落ち着いて弁護士に相談できると大変役立ちます。何かがあってから初めて相談するのでは遅いのです。顧問契約を締結していれば、些細なことでも丁寧に対応してもらえるため、孤独で忙しい経営者にとって強い味方になるのです。社内事情にも精通し、状況に応じた解決策を先手を打って提案してくれる顧問弁護士は会社経営に欠かせない存在です。継続的にお願いする事で取引先の事情にも詳しくなり、その会社の業界事情にも詳しくなります。